MENU

車の査定の際のマイナスポイントとは?

 

車の査定をする際に、業者は車のどこをポイントとして見ているのかご存じでしょうか?
そのポイントを知ると知らないとでは、車の査定額が大きく響くことは間違いありません。

 

ここでは、車の査定の際に高く売れるようにどのポイントを知るとメリットが大きいのか見てみることにしましょう。

 

どこを基準に査定額を決めているの?

 

どこの買取業者に査定を依頼しても共通している基準を調べてみると、以下のことが分かりました。

 

 走行距離

 

特に、車の買取査定に左右されるのが、走行距離と外装です。
走行距離が1万キロと5万円キロの車の場合、1万キロの方が平均的に高い査定額がつけられる傾向があります。

 

大雑把な例えを考えてみましたが、走行距離はある程度はあった方が良いという視点もあるのです。
それは、走行距離が短いとエンジン、オイル、プラグなどの状態が悪くなっている可能性もあるため、必ずしも走行距離が短いから査定額が高いということではないのです。

 

エンジンの状態と走行距離とのバランスが大切です。

 

 内装がキレイかどうか

 

次に、汚れです。内装が汚れていたら査定のマイナスポイントとして見られる可能性が非常に高いのは当然のことですよね。

 

さらに見えない部分では「におい」です。タバコやペットのにおいも、査定のマイナスポイントとして挙げられます。

 

 外装の傷や汚れ

 

内装と同じく、外装の汚れもマイナスになってしまいますよね。
全然洗車をやってないとやっぱり汚れは目立ちますし、傷などは当然マイナス査定になってしまいますよね。

 

修理に出してから査定していもらったほうがいい?

 

査定のマイナスポイントとしては、外装の傷とランプやアンテナの破損などもあり、そればかりを気にして修理業者に車を修理に出したほうが高く売れるかも?という考えが浮かんだ方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、その考えはさらにマイナスに響くことをご存じでしょうか。
実は、修理に出すということは外装に傷や破損された部分があるという証拠になるため、査定額にプラスになることは少ないということです。

 

なぜ、傷や破損する部分があると査定額が低くなるのか、、、、、
それは、業者が修理工場にて修理に出すというコストがあるから。

 

コストも踏まえての査定額としたら、修理を出さないほうが余分な経費がかからないのです。
たとえ車の修理を出したとして、査定額より費用がかかったらお金の無駄になることも考えられるので、慎重に検討していただけたらと思います。

 

 

車に関する資料の保管も査定に響く

 

いかがでしたか?車の査定のマイナスポイントを重点において考えてみました。

 

細かい点では、スペアキーの有無、車検証や整備記憶の内容なども査定に響くため、大事な資料を無くさないように保管場所を確保しておくようにしましょう。

 

自分の車をどれだけ大切に乗ってきたかで、査定額が決められるということを考えるとそのままで査定されたほうが、車を売るデメリットを回避する手段でもあるのです。