MENU

車の査定をプラスにするポイントとは

 

車を売ろうと思った際、どの買取業者に車の査定を依頼しても、査定額はどこも同じでたいして変わらないと思っていませんか?

 

確かに年式が古い車より年式が新しい車の方がプラスの査定にはなりやすいと思います。
ですが、買取業者の数だけ車を査定するポイントは異なるというものです。
今回は車買取の際にプラスの査定に繋がるポイントをいくつかご紹介します。

 

買取業者を探す時に、ポイントを押さえておくといいでしょう。

 

結論的に言うと、「車を大切に乗ること」です。

 

 定期的に洗車をしている

 

査定士が見ているポイントとして、「車を大切にしている」と見えるのは大きいです。
いかに自分が車を大切に乗っていたかというアピールができれば、プラス査定につながるでしょう。

 

 

 整備記録簿も保管しておこう 

 

ポイント1の延長になりますが、オイル交換や部品の交換をした経歴が、査定士の目から見ると車の状態が一目でわかり、「大切に乗っている」というアピールにつながりますので、記録簿などは取っておきましょう。

 

 

 

 車検の有無はあまり関係がない

 

車を売ることを考えている場合、車検の前に査定を依頼したほうがプラスになるようです。
車検にかかった費用は残念ながら査定額には響かないパターンが多いみたいです。
※中古車販売をしている業者は、車検があってもなくても、納車する前に車を整備します。

 

 オプションは装備しておく

 

査定は、基本的に車が好きな人が多い。


車のオプションにレアなアイテムを取り付けておくと、オプションの価値でプラス査定になることがあるようです。

 

車の査定や車全体ではくなく、部品はオプションも査定の対象になっているため、アピールできるオプションがあれば、アピールをしておくといいでしょう。

 

 

以上、4つのポイントを挙げてみました。

 

ポイントをモノにするには

 

業者の査定ポイントはそれぞれありますが、年式が古くても幅広い世代に愛されている車は相場より高く査定がされることもあります。
プラス査定は業者によってもポイントが違うため、なるべく複数の業者から見積もり依頼ができる「車の一括査定サイト」を利用すると、優良な買取業者が簡単に見つかりますよ。

 

 利用者と業者との相性がプラス査定につながる

 

車の一括査定サイトの口コミ欄を見てみると分かりますが、

 

「大手の買取業者が良かった。」

 

「地域密着型の買取業者が良かった」

 

人の数だけ相性があるため、業者探しには時間がかかると思います。

 

口コミを見ても、プラス査定に積極的な業者は中古車の販売ルートが海外にあること。
地域に根強く実績を上げている中古車販売店を兼ねている業者が、丁寧に対応している傾向が高く、この意見も業者選びの参考になるといいです。